ボニック代用ジェルを使うとボニックの故障の原因になることも

ボニックシリーズの販売しているボニックジェル以外の代用ジェルをボニックで使用するとボニック本体の故障の原因となる場合があります。
ボニックジェルの役割とEMSの効果、ボニックの代用ジェルについてなどをご説明しております。ボニックジェルの有り無しでの比較動画もありますので、ぜひご覧ください。

2016.10.13


ボニックプロ ジェルの役割について

ボニックプロやボニックにはボニックプロ本体とともにボニックジェルをあわせて販売しております。
今回はこのジェルの役割をご説明します。

このコラムでのボニックジェルとは、ボニックシリーズのジェルすべてを指します。

ボニックジェルの役割

ボニックジェルを使わないとどうなるの?

そもそもボニックジェルはなんのためにセットになっているかをご説明いたします。
そのために、ボニックプロ、ボニックの機能の役割とボニックジェルの役割についてご説明いたします。

ボニックプロ、ボニックの主な機能紹介

ボニックプロのRF(ラジオ波)、キャビテーション、EMS、ボニックの超音波、すべての機能において電気の刺激でお肌や筋肉を刺激します。

周波数を変更することでそれぞれの機能に違いを持たせています。
「電気刺激を利用している」という点がポイントです!

EMSとはなにか

ボニックプロ、ボニックで使われている電気刺激の中でも体感しやすく、身近な商品に活用されているEMSを例にしてご説明いたします。

ボニックプロ、ボニックではEMSという低周波の電気を使って筋肉を刺激しています。

簡単にEMSの仕組みをご説明します。 EMSとは、Electrical muscle stimulationの略で日本語に訳すと「電気的筋肉刺激」となります。 意訳すると「電気刺激による運動」です。

簡単に言うと、ボニックプロ、ボニックから電気を発してその力で筋肉を刺激しています。

ボニックジェルの役割

EMSの仕組みをご説明したところで、次はジェルの役割をご説明いたします。 ボニックジェルの役割は大きく分けて2つあります。

1つは「EMSの電気刺激を体に伝える」役割です。
ボニックプロ、ボニックのEMSでジェルを使わずに体に使用すると、何も感じないか、少しだけピリピリという刺激を感じられる程度の効果です。

ここでジェルを塗布してから同じように使うと、先ほどの刺激とは比べ物にならないくらいはっきりとEMSの刺激を感じられます。
ボニックジェルがないとEMS刺激がしっかりと伝えられないのです。

EMSではありませんが、心電図や超音波検査などのときにジェルを塗ってから診察されたことはありませんか?
それらの機器も通電性を高めるためにジェルを塗布してから使用されます。

ボニックジェルのある場合とない場合の比較動画

ボニックジェルを使用した場合と使用していない場合の比較動画をご用意いたしました。
SHAPEモードの最大出力LV3で実験を行っています。

ジェルを付けずにボニックプロを使用すると、電気刺激がほとんど体に伝わらずほんの少しだけ、ピリピリとした刺激が伝わるのみで、筋肉が動いていません。

逆に、ボニックジェルを塗布した状態で使用すると、ボニックプロを当てている腕のみではなく、指先が勝手に動くほどの電気刺激を伝えています。

ボニックジェルの2つめの役割は、保湿や引き締め成分を配合したジェルであるということです。

ボニックプロと一緒に販売しているボニックプレミアムリフトジェルには、美肌にはかかせない「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」をはじめ、 「ココナッツオイル」や「アルガンオイル」、高保湿成分「シアバター」などの保湿成分をたっぷり配合しています。

さらに引き締め成分である「スベルトニール※1」「グラウシン※2」「カフェイン※2」などを配合しています。

※1ウルバラクツカエキス、グリチルリチル酸アンモニウム、コハク酸2Na、コンプレタムミクランサム葉エキス、トレオニン、ナイアシンアミド、レスペデザエキス:全て整肌成分
※2整肌成分

ボニックプレミアムリフトジェルにはこういった成分を配合していますので、マッサージジェルとしてもご利用いただけます。

ボニックシリーズの代用ジェルについて

ボニックのジェルの役割をご説明したところで、ボニックジェル以外のジェルでは代用できないのかという疑問におこたえします。

結論は「代用ジェルはオススメできません」。理由は2つあります。

1つ目は、他社で販売しているジェルに関してはどういった成分が使われているか弊社ではわかりません。
ジェルに使用されている成分によってはボニック、ボニックプロのサビや、塗装のハゲ等の破損、本体の故障につながる恐れがあります。

2つ目は、他社のジェルだと、油分や水分の配合比率がわからないことです。

上記で説明した通り、ボニックプロ、ボニックは電気刺激を体へ伝えてケアを行います。この電気刺激を肌へ伝えるためには肌がしっかり保湿されている必要があります。

しかし、保湿されていれば良いという訳ではなく、油分と水分のバランスが大切です。
油分が多すぎても、水分が多すぎても良くありません。

ただ、ボニックブランドのジェルはボニックプロ、ボニックと使うことを想定して作られたジェルなので、バランスが凄く良いのです、

しっかりケア効率をUPさせるためにもボニック、ボニックプロをご使用される際はボニックジェルシリーズをご利用ください。

歴代ボニックジェルシリーズ

SNSで共有する


ひとてまいレシピ

月間12星座運勢占い

けんこうタウンセール情報

Follow Me! KENKOU SNS

○健康コーポレーション

○DOROwa(ドロワ)