ビューティーアドバイザー寺尾の美容情報Vol.52

雨が続き、蒸し暑い日が続き、そして見る間に暑い暑い夏に向かっていきますね。
この時期からオススメしたいのが「フットネイル」です!

2016.06.03

フットネイル

みなさん、こんにちは!
トータルビューティーコーディネーター
寺尾智子です!

梅雨入りを迎えましたね。
雨が続き、蒸し暑い日が続き、そして見る間に暑い暑い夏に向かっていきますね。
この時期からオススメしたいのが「フットネイル」

百聞は一見に如かず、まずは写真をご覧ください!
華やかなのは、どっち??

‥‥B、ですよね。

フットネイル、足の爪の伸びる早さは
手の爪の1/2〜1/3と言われます。
ジェルネイルはそう簡単にはがれたりは
しませんから、約2ヶ月ほど足元を飾ってくれます。

オシャレなサンダルはもちろんどんなサンダルを
履いていても、
例えばビーチサンダルでも、
例えば裸足であっても。
オシャレは足元から。

フットネイルに気を配っていれば意外にオシャレに見えたりするものです。
一般的に素足をみせる機会が多いのは「夏」ですよね。

7月8月前後。6月から9月あたりまで、とおっしゃる方が多いです。

そのため、常連のお客様は(一年中フットネイルをされている方を除いて)特にこの時期からフットネイルを始められます。

6、7月で1回、8、9月で1回。年に2回のフットネイルを存分に楽しまれます。なんてことないサンダルでも、たとえ去年の、一昨年のものであっても、フットネイルがステキなら褒めてもらえるの?とおっしゃいます。

1回目と2回目は季節、気候が少し変わりますのでオススメしたいデザインもかわってきます。
1回目は6、7月。

梅雨を超えての夏の入り口。
もちろんビビッドなお色もいいですが、この時期には少し
スモーキーな紫陽花色などオススメしたいところです。
さらにデザインを水彩調にしてみる。
これも初夏らしさを表す一つの工夫ですね。

使うお色はビビッドに近い 鮮やかなお色でも、 デザインをいれるお爪のベースを ホワイトにするだけで涼しげに見えることも あります。 柄をあえてクッキリと描かないことで 真夏よりも初夏寄りのデザインに。

では2回目の、8月9月ではどうでしょう?
こちらのメインはかんかん照りの真夏から秋の入り口まで。

クッキリハッキリとした ビビッドカラーで グッと引き締めたデザインがオススメです。

また、秋口のことも考えて 濃いめのお色も他の指との 兼ね合い、バランスで 秋口まで使える大理石ネイルにしてみても いいですね。

好きなミュージシャンのライブに 行くから、
とだけリクエストされる方も いらっしゃったり笑

また、ハンドデザインにはなってしまいますが 毎年やはり人気なのはシースルーネイル。

たった一本だけを クリアのまま アートを入れたりストーンやシールで 飾ってみたり。
それだけで一気に涼しげに まとまりますね。

1年を通して6月は、 1回目のフットジェルネイルの オススメ時期。
ハンドのデザインをフットに 応用してもらうことも もちろん可能です(^ν^)

気に入ったデザインが見つかったら いち早く
写真を持って イメージを持って
フットネイルができるサロンへ
Let's go!!!しちゃいましょう??


美容科 寺尾智子 (てらお ともこ)

ライター:寺尾 智子 (てらお ともこ)

日本パーソナルメイク協会本部認定講師
国際カラーデザイン協会マスター講師 他

関西大学ヒューマンサイエンス学科卒業後、一人ひとりの人生を豊かに導く仕事がしたいと多岐に渡る勉強、資格取得、現場経験を積む。
大学を始め教育機関において、美容講座、就職関連講座等を、幅広い年齢層を対象に行い、数々の講師賞を受賞。
現在は、女性が自信をもって楽しく人生を送っていただけるようにと、15年以上の講師歴を活かしたトータルビューティーを提案。 パーソナルカラー診断や色彩心理を基にしたセルフビューティーメイク、ネイル、ラインアナリシス(体型分析)など、外見内面をふまえた提案は、老若男女問 わず信頼をされ人気を博している。



SNSで共有する


Follow Me! KENKOU SNS