ビューティーアドバイザー寺尾の美容情報Vol.46

アロマテラピーの2回目。アロマの種類、効能、必ずおさえておくべき注意点などご紹介します。

2016.03.25

アロマテラピー 第2回目

アロマ


みなさん、こんにちは!
トータルビューティーアドバイザーの寺尾智子です。

前回、アロマテラピーとの出会いについて書かせていただきましたね。(前回記事)

ご興味いただけましたか?

アロマテラピーの魅力を知り、まずは!とお勉強し、資格を取得したのがアロマテラピー環境協会のアロマテラピー検定。
(http://www.aromakankyo.or.jp/sp/licences/aroma/)

アロマの基礎を、独学でも学べます。

が、私は教科書の外側まで知りたい!と思ったのでスクールに数回通いました。
もちろん山口先生のクラスです。

基礎をしっかりお勉強すると、アロマの種類、効能をたくさん知ることができました。
必ずおさえておくべき注意点なども。

代表的なものでいうと

◆光毒性

おおまかに柑橘系の精油は肌に付着すると数時間は紫外線を避けるべきであること。
良かれと思って使ったものでもシミの素になってしまうという悲しい性質、これ、要注意。

◆通経作用

例えばリラックス効果の代表選手、ラベンダー。
ベビーの生まれる道筋を緩めてしまう力があるとされています。
ベビーを留めておくのにそぐわないためまさに出産時!以外は妊婦さんにはご法度!
これも要注意。

などなど。

え!?こわ!!

と、思いました?

確かに。とはいえ要注意はこの2つくらい。
それだけ気をつけましょ。
ほら、もう、覚えましたよね!!笑

あとはいいこと尽くめですからご安心ください!

さてさて、ではでは、気を取り直して。

前回お話に出た肌荒れがひどいときにセルフ高級スペシャルケアは控えましょ。

それでも何かできることは?

と聞かれた場合には。。

そんなときにお伝えするアロマテラピーについて。

とにかくまずはしっかりカウンセリングをします。
自分で選び、自分で使うならばセルフカウンセリングをしましょう。

肌が荒れている原因が何か人それぞれ違いますよね。

原因によって使ってみるべき精油の種類は全くかわってきます。

例えば、ホルモンバランスが崩れている場合。
前回少し出てきましたね、
ゼラニウムを使ってみたり。

例えば人間関係で悩みがあり
お肌に出てきてしまった場合。
リラックスが必要ならラベンダー、リフレッシュが必要ならミント系、前向きになりたいならオレンジやグレープフルーツ、などなど。
これらはほんの一例。

仕事が忙しくて神経が高ぶりあまり眠れていない、という場合。
安眠を促すもの。
ラベンダーはもちろん、カモミールローマン、オレンジスイートなんかもいいですね。

セルフであれば、効能をすべて覚えてしまう必要もありません。
効果、効能とにらめっこしながら原因にあたるものを緩和してくれそうな精油を探してみましょう。

原因が緩和されれば内側からの肌荒れ改善も期待できますよね。

では具体的にはどのように使えばいいのか?

アロマディフューザーがないと使えないんじゃないの?
なんて聞かれることも多いですが、そんなことはありません。

一番お手軽なのはハンカチに少しだけ香りを含ませる方法。

色移りしてしまう精油もあるので、淡い色のハンカチは避けて、コットンに数滴含ませたものをはさんでおくといいですよ。

また、アロマスプレーも簡単でオススメです。

お好みの精油(1種類でも、数種類ブレンドしてもOK)と、薬局などで売っている無水エタノールと精製水だけで簡単に作れます。

ガラスのアトマイザー(百均にあるものでかまいません)
お好みの精油 10滴
無水エタノール 5ml
精製水 45ml

精油は水には溶けにくいのでアトマイザーにまず無水エタノールを入れ、精油を垂らし、混ざるように静かにフリフリ。

そして、精製水をいれて、フリフリ。

これだけです!

ルームスプレーとして使っても良し、ハンカチにふっても良し。
香水代わりにされる方もいらっしゃいます。

この時期であれば抗菌効果も期待できるとされるティーツリーなどで風邪やインフルエンザ予防に使ってみたりもできます。

また、精油をそのままお風呂に垂らすだけでもOK。

お肌の収れん作用のローズマリーやフランキンセンスを使って、化粧水を作ってみたり。

ローズマリーの化粧水は『若返りの水』なんて異名があったりもします!!
気になりますよね??

アロマの利用法、書き上げるときりがありませんね。

前回、今回で少しでもアロマに興味を持って下さった方はぜひぜひ、まずは手間のかからない簡単なところからお気に入りの一本から、始めてみてくださいね!


美容科 寺尾智子 (てらお ともこ)

ライター:寺尾 智子 (てらお ともこ)

日本パーソナルメイク協会本部認定講師
国際カラーデザイン協会マスター講師 他

関西大学ヒューマンサイエンス学科卒業後、一人ひとりの人生を豊かに導く仕事がしたいと多岐に渡る勉強、資格取得、現場経験を積む。
大学を始め教育機関において、美容講座、就職関連講座等を、幅広い年齢層を対象に行い、数々の講師賞を受賞。
現在は、女性が自信をもって楽しく人生を送っていただけるようにと、15年以上の講師歴を活かしたトータルビューティーを提案。 パーソナルカラー診断や色彩心理を基にしたセルフビューティーメイク、ネイル、ラインアナリシス(体型分析)など、外見内面をふまえた提案は、老若男女問 わず信頼をされ人気を博している。



SNSで共有する


Follow Me! KENKOU SNS