ビューティーアドバイザー寺尾の美容情報Vol.8

美容家・ビューティーアドバイザーの寺尾智子がお届けする美容情報。
今回は冬の時期に欠かせない乾燥対策について!正しい保湿&化粧ノリの良いお肌を保つ方法をお伝えいたします。

2015.01.14

ビューティーアドバイザー寺尾の美容情報Vol.8!美肌に重要な「保湿」を見直しましょう!

美容家・ビューティーアドバイザーの寺尾智子がお届けする美容情報。
最新の美容情報・美容トレンド・スキンケア・ボディケア・総合美容情報をお届けします。


保湿は美肌の重要ポイント

さてさて。冬も深まり、寒さとともに乾燥も辛くなってきましたね。
肌が乾燥してメイクのりが悪い!!という方、多いのではないでしょうか?
季節の変わり目、化粧品をかえたとき。乾燥が気になることしばしばですよね。 まずは普段の保湿行程を見直してみましょう。


保湿のポイント!化粧水〜美容液までの手順

@化粧水は洗顔後タオルで顔をふいてから40秒以内に。
保護膜を落としているため、すぐに乾燥してしまうからです。
化粧水は肌表面の角質に水分を含ませてキメをふっくらと整えるもの。
それによって、美容液の浸透アップさせるものでもあります。 水溶性の美肌成分、セラミド ヒアルロン酸入りのものがオススメですね。 コットンをひたひたに、ゆっくりパッティングします。

A次に美容液。
有効成分(美肌成分)が豊富で、肌に足りないものをプラスするものですね。
今の自分のお肌には何が必要なのか判断が必要なのか、保湿?美白?アンチエイジング?
見極めて選びましょう。 潤いが持続しにくい場合はこちらも保湿力の高いセラミドヒアルロン酸などチェックして下さいね。
中指と薬指を使う全体になじませたら押し込むようにプレスします。
目元など乾燥しやすい部分にはしっかり重ねづけしましょう。


それでも乾燥する方は…

ここまで守っていてもダメ!という方には、角質&導入ケアをオススメします。
深ーくまで潤いを送るためにお肌という畑から準備し直しましょう。

そもそも肌に角質がたまりすぎているのかも?そのような場合は、ブースターという浸透促進成分を使います。
次に使う化粧水や美容液の浸透を高めるハイテク化粧品で、高保湿成分入りコスメとの二刀流で更にパワーアップしますよ。
また、古い角質で毛穴がつまっているのかも?角質ケアをしましょうね。

毛穴がつまっていると天然保湿成分である皮脂も出にくくなります。ピーリングで溜まった汚れをオフ。
乾燥肌などお肌が弱い場合はゴマージュなどやさしいタイプを選ぶといいですよ。

自分に合う方法を選んで、この冬の乾燥を乗り切りましょうね!!




美容科 寺尾智子 (てらお ともこ)

ライター:寺尾 智子 (てらお ともこ)

日本パーソナルメイク協会本部認定講師
国際カラーデザイン協会マスター講師 他

関西大学ヒューマンサイエンス学科卒業後、一人ひとりの人生を豊かに導く仕事がしたいと多岐に渡る勉強、資格取得、現場経験を積む。
大学を始め教育機関において、美容講座、就職関連講座等を、幅広い年齢層を対象に行い、数々の講師賞を受賞。
現在は、女性が自信をもって楽しく人生を送っていただけるようにと、15年以上の講師歴を活かしたトータルビューティーを提案。 パーソナルカラー診断や色彩心理を基にしたセルフビューティーメイク、ネイル、ラインアナリシス(体型分析)など、外見内面をふまえた提案は、老若男女問 わず信頼をされ人気を博している。



SNSで共有する


Follow Me! KENKOU SNS