ビューティーアドバイザー寺尾の美容情報Vol.4

美容家・ビューティーアドバイザーの寺尾智子がお届けする美容情報。
今日からできる美肌のポイント「洗顔について」吸着が美肌の決めてです!

2014.09.05


ビューティーアドバイザー寺尾の美容情報Vol.4 今日からできる美肌のポイント 洗顔について

美容家・ビューティーアドバイザーの寺尾智子がお届けする美容情報。
最新の美容情報・美容トレンド・スキンケア・ボディケア・総合美容情報をお届けします。

洗顔料を使うときはとにもかくにも泡立てること!

洗顔料は泡立てること

みなさん、こんにちは!
トータルビューティーアドバイザーの寺尾智子です。

先日、徳島の阿波踊りに生まれて初めて行ってきました!
一般の方でも参加できる「にわか連」なるところでしっかり「踊る阿呆」になって参りました。
たくさんお水を飲んで、しぼれるほどの汗をかいたので、きっとかなりデトックスになったはず!!
大笑いしながらの本当に楽しい時間だったので笑顔分、より健康になっているはず♪

ひとつだけ残念無念だったのは、私たちが帰った次の日に美のカリスマともいうべき藤原紀香さんがいらしていたというニアミス!!
溢れんばかりのビューティフルパワーを肌から吸収したかったです(笑)

さてさて、前回に引き続き今日からできる美肌のポイント洗顔について。

今回は、洗顔料を使った洗顔方法について、ですね。
洗顔料を使うときには、とにもかくにも第一に「しっかり泡立てること」
これです。

手の上に洗顔料をチョイッ。お水チョイッ。まぜまぜー顔にごしごしーお湯バシャバシャー。終了。
なんてこと、していませんか?

ノンノンです!!
洗顔の泡はきめ細かくフワフワであればあるほど良いです。
そんな暇も技術もない?
洗顔ネットさんに頼ってください!

夜はクレンジングで基本的な汚れを落とした後ですし、朝は、夜の洗顔後眠るだけのはずなので少しのほこりと皮脂がついている状態。

そのお顔表面をゴシゴシ!!としてもお肌に無駄に刺激を与えることに。
たくさんのフワフワの弾力ある泡をお顔にのせ、これもお肌、泡、手のサンドイッチ。

数回クルクルと動かしたら、毛穴の中を引っ張り出すイメージで泡の表面に(お肌にではなく、泡の)手のひらを置く、ひきながら離す作業を数回繰り返します。これを吸着といいます。

吸着

毛穴の中に残った汚れや、余分な皮脂をとるにはこれで十分。
ゴシゴシしないで下さいね。

クレンジング同様、水より気持ちぬるいくらいかな?のお水ですすぎ残しの無いように洗い流しましょう。

朝の洗顔について

また、朝の洗顔にはもう少しコツがあります。
人それぞれに乾燥肌、普通肌、脂性肌などといわれる大まかな肌タイプがありますよね。

それぞれについての特徴はまた書かせていただくとして。

まずは、おおまかに自分のお肌を知るのはとてもいいことです。
が、人それぞれ、部分的にちょっと乾燥気味、とかここはしっとり、とかありますよね。
そこをしっかり観察しましょう。たとえば私、洗顔後はつっぱるわ、と思っていたけれど、頬の高いところだけで他はそんなにつっぱっていないわ。
・鼻がテカるから脂性肌だと思っていたけれど、Tゾーンだけで目じりは乾燥しているわ。
・Tゾーンが脂っぽいと思っていたけど、小鼻だけ特に、額はそうでもないわ。

だとか。そしてそれに合わせて朝の洗顔は、泡のせの順番をかえる。
朝は忙しくてそれどころではない!!
という方はせめて、すごく乾燥するところは泡をのせない。
これだけでも守ってください。

セミナーや講演の際、私はよくお肌はすごく賢くて少しおばかさんなんだよ、とお伝えします。

基本的に皮脂は、足りないところに出されます。
お肌は賢いんです。
乾燥している!とお肌が感じれば、皮脂が出ます。

だけど、敏感に感じ取りすぎて、そんなにいらない!!という量出てくる場合もあるんです。

それをそのまま置いておくと、多すぎた皮脂はお肌に残り、酸化し、くすみの原因になったりします。
過ぎたるは及ばざるがごとし、です。
洗うべきところは洗う。
でも、明らか皮脂が足りていないところは泡をのせない。

そうすることでお顔全体のバランスがとれます。

そして洗顔後は、理想としては40秒以内に化粧水をつけます。
泡なしゾーンも、コットン化粧水でかるくなでながら引き上げるようにふきとればOKです。

どろあわわの使い心地について

理想的な泡が作れる洗顔料、けんこうタウン読者のみなさんは多く使っていらっしゃるであろう「どろあわわ」。
私の使い心地についてご質問があったのでおこたえしますね。
このコラムを始めてから私も使っておりますが、泡の量や質、うるおい成分、吸着力の天然泥成分等申し分ありません。

前にも書きましたが私はもともと部分的にニキビがひどく悩まされ続け、今は逆に乾燥気味。
なので、どちらの方の気持ちもすごく分かります。

どろあわわの感想で、少し乾燥する、というものを目にしたことがあります。私も2〜3日はそういった意見でした。
ですが、部分的に分けながら使っていくと、日に日にお肌がしっとり保たれるようになりました。
元々色白な私ですが、このところ更に白くなったね、とよく言われそれで気づきました。

気をつけているつもりだったけれど、きっと角質が残ってしまっている部分があったのだろうということ。
それが泥の力で落ちたとき、一時的に少し突っ張ったように感じたのだろう、でもその後余計な角質がなくなったため、化粧水や美容液が格段に入りやすくなり、くすみがとれて透明感が増しました。
最近とっても肌調子が良くて、ご機嫌です♪

とにかくみなさんも、お持ちの洗顔料の種類にかかわらず、洗顔の際はまずはしっかりとした泡を作り、こするのではなく「吸着」を意識して、朝の洗顔は自分観察から、試しに少しだけ、工夫してみてくださいね!

美容科 寺尾智子 (てらお ともこ)

ライター:寺尾 智子 (てらお ともこ)

日本パーソナルメイク協会本部認定講師
国際カラーデザイン協会マスター講師 他

関西大学ヒューマンサイエンス学科卒業後、一人ひとりの人生を豊かに導く仕事がしたいと多岐に渡る勉強、資格取得、現場経験を積む。
大学を始め教育機関において、美容講座、就職関連講座等を、幅広い年齢層を対象に行い、数々の講師賞を受賞。
現在は、女性が自信をもって楽しく人生を送っていただけるようにと、15年以上の講師歴を活かしたトータルビューティーを提案。 パーソナルカラー診断や色彩心理を基にしたセルフビューティーメイク、ネイル、ラインアナリシス(体型分析)など、外見内面をふまえた提案は、老若男女問 わず信頼をされ人気を博している。



SNSで共有する


Follow Me! KENKOU SNS